15/3/2003

死に至る病

常に戦っていないと死んでしまうというとんでもない病気にかかった軍隊、それをかかえた政府、国。まるで増殖し過ぎたためにやがて自らをも死に至らしめる癌細胞のようだ。人類に学習能力が無いとしたらこうしてやがて滅びてしまう運命だろうか? 否、「この世界は子どもたちから借りたもの」というインディアンの教えを思うとき、子どもたちのためにこそ諦めるわけにはいかない。


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 11:51 PM
14/2/2003

携帯泥棒

パリでは携帯電話泥棒が珍しくない。その手口はというと、電話しながら歩いているといきなりひったくられるという強引なもの。
タクくんが友だちと電話で話していたら突然相手の声がいっきに遠のき、ビューッという風の音だけになってしまったそうだ。走るなぁ。


Comments (0) Filed under: パリ,フランス Tags: , , — Kyo ICHIDA @ 11:48 PM
2/2/2003

C.V.

去年会社のサイトをリニューアルしたら、仕事はちっとも増えないのに就職希望者だけ急増した。フランスも相変わらず失業率が高く、ウェブ制作会社も軒並潰れているので就職難だからわかるけど、でも僕宛に履歴書送られても困るって。


Comments (0) Filed under: フランス Tags: , — Kyo ICHIDA @ 11:39 PM
1/2/2003

DVDルーレット

03

何かDVDで映画でも観ようということになったけど何を選ぶかが難しい。そこで適当に何枚かのディスクをタイトルが見えないように裏返しに並べてわびすけに選んでもらった。手をかざしたりにおいをかいだりして精神を集中している(らしい)。ちなみに彼女が狙っているのはティム・バートン製作の『ジャイアント・ピーチ』。
「これがいちばん熱くてフルーティーな香りがする!」と言って自信ありげに選んだのは…よりによって最も恐れていた「エクソシスト・ディレクターズカット版」だった(なんでやねん!)


Comments (0) Filed under: 映像 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 11:44 PM
21/11/2002

ロラン爺さんと猫のマムー

Chat

モンパルナスでよく会う大きな猫を連れたホームレスのロラン爺さん。彼と愛猫マムーは凄く仲がいい。というかお互いをよりどころに都会でひっそり生きて行くふたり…というような暗さは無く、彼にとってマムーは恋人であり守神のようなものでもある。マムーも彼のことばを理解しよく言うことをきく。
挨拶して猫を撫でるのが日課だったのだけど、しばらく見かけない日が続いていた。
2ケ月くらい経った頃、久しぶりにいつもの場所に座っていたのでポケットの小銭を普段よりちょっと多めにかき集めながら挨拶し、少しやつれた彼にどうしたの?と聞くと、
「病気してたんじゃよ」と、いつもの笑顔がちょっとだけ曇った。そして思いがけない提案。
「カメラを持ってたらこんど持ってきてくれんかね、一緒に写真を撮ろう」
翌週の雨の降っていない日にカメラを持ってくることを約束して別れた後、何だか不安になった。ひょっとしたら彼は自分がもうあまりもたないと感じているのでは?それでささやかな存在証明として写真を残したいと思ったのではないか?とか…。老人と老猫、どちらかが先に逝ってしまったら残された方はどうなるんだろう…。
約束の日、いつもと変わらず彼は機嫌がよかった。
「現像したらくれんかね、いつでもいいから」と言うロラン爺さんのことばに、何となくほっとした。


Comments (0) Filed under: パリ Tags: , , — Kyo ICHIDA @ 11:35 PM