4/10/1999

ツタ

子供の頃ツタに覆われている家に憧れていた。ツタに覆われればウチも少しは素敵に見えるにちがいない、と思ったもんで。それでばあちゃんに頼んでツタを植えてもらったりしたけど庭もないし全て伸びることなく枯れてしまっていた。ガッカリ諦めて20数年。気がつくと去年頃から突然ウチがツタに覆われはじめ、今年は窓からツタを眺めるのがすっかり楽しみになった。実はこのツタたちは隣の庭から生えてきている。隣の家が売りに出され、買った会社がその庭を駐車場にしたんだけど、毎年3月に満開になる早咲きの桜を切らないようにウチから頼みこんで残してもらっていた。ひょっとしてこの突然のツタは桜の恩返し?

(more…)


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 3:33 AM
3/10/1999

涙の8500物語

改造マック

コンピュータの耐用年数は経理上6年とされているけど、少なくともグラフィックの仕事に6年前のコンピュータは使えない。ましてや3DCGとなると1年前のマシンですら遅く感じるもの。
この夏、95年の始めから4年半もの長きに渡って使ってきたメインマシンが燃え尽きた。8100を秋葉原で8500に改造し、更にG3にした他いろいろ改造したものだがB&W;のG3に比べて格段に安定していた。ビデオ回路の良さと安定性で8500はベストなマックだったと思う。
というわけで8500追悼企画。3年前に掲載していた『涙の8500物語』再アップ。これはマック仲間の長谷さんから貰ったメールの全文なんだけど、というのも以前この文章をWebに載せていたことが長谷さんに思いがけない出会いを齎していたらしいのだ。
書かれているのは95年の年末頃のことだけど、ここに出てくる店のほとんどはもう潰れているし値段は高いしでもはやほとんど歴史的読み物かも。


Comments (0) Filed under: 本当にあった笑い話 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 4:09 AM
2/10/1999

それ以前の問題

ビートルズを執拗にコピーするバンドも長年やっているんだけど、ボーカルがちゃんと歌詞を覚えているという時点で既にキャバーンのバンドにはかわない。だってうちのバンド、同時に違う歌詞でハモっちゃうし・・・


Comments (0) Filed under: 音楽 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 10:05 PM

MSの古川さん

SAM'S FRIENDS

PCを外の世界と接続して以来、ネットがなければ決して知り合うことのできなかったであろう人々との出会いに恵まれてきたが、2000年を目前にした今年はSAMさん こと古川 享 氏との出会いによって特別な年になった。
SAMさんの人柄はそのずば抜けたバイタリティや、マイクロソフト会長というヘヴィなポジションに附随する様々なイメージをはるかに超越した軽いフットワークを切り口に語られることも多いと思う。そして、それにも増して時折覗かせるおちゃめさに惹きつけられる。 子どもの心を失わず、思いついたアイディアは即座に実現する行動力を持ち、且つ思いやりがある・・・果たして10年後に自分はそんなおとなになれるのだろうか??(無理)
初めてお会いした日、僕は紹介していただいたSAMさんの素敵な仲間達の中で緊張気味だった。「わぉ、僕が混ざってていいんだろうか?」という感じ。食事の後で六本木のキャバーン・クラブへ連れていっていただいた。コアなビートルズ・カバーに盛り上がる。
この人のために何かお役にたてることがあればいいなと思わずにはいられない魅力的な方でした。


Comments (0) Filed under: ブログ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 4:15 AM
4/9/1999

素朴な疑問

なんで野良だと眉毛が薄いの?


Comments (0) Filed under: 日常の疑問 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 3:41 AM