21/6/2008

クロアチアの敗因は

 

延長戦終了1分前に待望の先制点を挙げたとき、クロアチアの監督が自ら我を忘れて走り回りはしゃいだのがもしやまずかったのでは?!
「まだ終わってない」と冷静になれる人がいなかったという。
まー喜び爆発するのも無理ない展開でしたけどねー、「勝った!」と思っちゃいますよね。
天国を一瞬見てしまっただけにショックが大きいでしょうね、しばらくはクロアチアのリゾート海岸で泣き濡れて蟹と戯れる選手の姿が目撃されるかもしれません。
 
それにしてもトルコは「あきらめなければ何かが起こる!」をマンガに描いたようなチームですね。
司令塔のニハトなんて人生に疲れ果てた中年サラリーマンみたいな顔してるのに。
デフォルトで疲れた顔はもしかしてフェイントなのかっ!?
トルコはEURO参加国で最も空気読まないところが見ててドキドキします。 
 
というわけで119分間は退屈でしたが最後がとても示唆に富んだ試合で勉強になりました。


Comments (3) Filed under: so foot !? Tags: — Kyo ICHIDA @ 4:39 AM
19/6/2008

98年フランス代表対世界選抜

FRANCE 98 - SELECTION MONDIALE

すっかり省エネチームになってしまいEURO2008のグループC最下位で敗退したフランスですが、今街でよく見かけるのはとあるチャリティー・マッチのポスター…
 
98年フランス代表対世界選抜
 
98年フランス代表!って (笑)
 
どんだけ過去にしがみつくんだフランス (笑笑)
 
どれどれ参加メンバーを見てみましょう。
(more…)


4/5/2008

日本語の不思議

 

先日Patra (母) の微妙に書きかけっぽい文をXHTML化していておや?と思ったのは下記のような一節。

 
決して安くはないそれを、何を思って親に嫁入り道具として強請ったのか?

ゆすったって、親を?? えっ、「強請る」って「ゆする」だよね?
不思議に思って調べてみると、「ゆする」も「ねだる」も「強請る」と書くんだって。しかも送り仮名も同じ。
えー、そうなんだ!?
ということは「ねだる」と「ゆする」は元は同じ語源だったんだろうか。度を超したおねだりがやがてゆすりへと発展したとか??
う〜む、だとすると巷でゆすりをはたらくフトドキ者は過度な甘えん坊さんだったのか。やっぱり躾が大切なのね。


Comments (9) Filed under: 日常の疑問 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 9:36 PM
27/4/2008

今さら言うまでもないことではあるけど

多様性を許容し調和できない社会に真の明日は無いよね。


Comments (10) Filed under: その他 — Kyo ICHIDA @ 4:59 PM
25/4/2008

Ken Russell – Turandot : Nessun Dorma

とても懐かしい動画を発見したのでご紹介。
短編オムニバス映画『ARIA』から、ケン・ラッセルのTurandot

 
ケン・ラッセルといえば『トミー』とか『サロメ』とか『アルタード・ステーツ』とか、かなり変な映画いっぱい撮ってるイカレた監督というイメージが…。だけどときにハッとするような絵を見せてくれるんですよね、『バレンチノ』とか実在の人物モノも好きだったなぁ。
というわけで正直言ってファンなんですが、この短編がfavoriteでございます。もうね、多少やり過ぎようが変態だろうがオッケーだよ、こうゆうの撮るから好きだよケン爺さん。


Comments (27) Filed under: オペラ,監督 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 10:36 PM