31/3/2019

Alice Sara Ottさんのリサイタルへ

La Seine Musicale, 30 mars 2019アリス=紗良・オットさんの演奏を聴きにLa Seine Musicaleへ。
ここはブローニュのセーヌ川の中洲にある2017年にできた新しいホールで、まだ微かに新築のような木の香がします。

プログラムが一部変更になり休憩なしの1時間に短縮されたので体調かも?と心配でしたが、開始前の英語でのMCは軽妙なジョークを交えながら楽しげで。
演奏が始まると杞憂はけし飛び、すぐに引き込まれました。
先日発表された多発性硬化症の影響など微塵も感じさせない、滑らかで、ピアノの多彩な音色を引き出す幸せな演奏。

最新作のNightfallの収録曲のうちラヴェルがショパンに変更に。
ラヴェルも聴きたかったけれど、ショパンへの変更が奏功して盛り上がる流れができた気がします。
1時間の旅の始まりは心地よいドビュッシーから、独特なサティを経て、そして最後はつい羽生結弦選手の姿が目に浮かぶバラードで徐々に高まったエモーションが炸裂。
弾き終わったアリスさんの眼から涙が溢れました。(ヤバい、もらい泣きしそうになる)

アンコールはショパンのワルツ イ短調を弾いてくれました。
(more…)


3/2/2019

十文字美信先生の贈りもの

個展のためパリにいらした十文字美信先生が、オフの日曜日に拙宅に来てくださいました。
早いもので十文字先生のサイトを作らせていただいてちょうど10年。
そして十文字先生がパリに長期滞在されて一緒にあちこち旅をしたのはもうかれこれ5年半前のこと。忘れられない最も楽しい思い出で、考えてみると十文字先生とはフランスやイギリスのみならず東北や熊本にも同行させていただいたので、親とよりもたくさん旅行しています。
この日も楽しい時間はあっという間でした。
(more…)


Comments (0) 写真 Tags: , , , — Kyo ICHIDA @ 2019/02/03 19:44
1/12/2018

ボヘミアン・ラプソディの思い出

子供の頃、交通事故に遭って集中治療室に入っていたときのこと。

両脚はあちこち骨折、右腕は皮一枚でかろうじて繋がっている状態で、
無事だった左手にも点滴や血圧計が繋がっていて両手が使えず本も読めないので、
イヤホンを片耳に入れてもらってラジオを聴くことで絶え間ない痛みから気を紛らわすしかなかった。

ちょうどそのときヒットチャートの1位だったのがクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』。
イントロのアカペラのハーモニーから印象的なピアノ、当時はまだ名前も知らなかったあのフレディの歌声に魅了され、
ああ、なんて美しい良い曲なんだろう……とうっとり。
まるで苦しみの中で遠くにわずかに灯る希望の光のようで、
毎日この曲が流れてくるのが楽しみだった。

でもAMラジオ番組だったからか、フルコーラスで流れることは一度も無くて。
ギターソロに行くか行かないかのうちにフェードアウトされてしまい、数日後にはイントロが省かれ、曲紹介が日に日に短くなっていき…
ついにはスウィートの『アクション』に1位の座を奪われてかからなくなってしまった。
なので、大好きなのに一度も全部を聴いたことのないままになってしまったのだった。
(more…)


Comments (0) ロック,エッセイ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 2018/12/01 16:27
1/11/2018

スティーヴン・ウィルソン追加公演(パリ)

もうだいぶ経ちますが Steven Wilson To The Bone Tour のパリの追加公演を観てきました。
会場は老舗コンサートホールのオランピア劇場。

前回この会場で観たのはメセニーのUNITY GROUPだったけど、音量制限が厳しいのかPAブースにデシベルメーターがあって100dBにならないように気をつけてるみたいで、音圧がちょっと物足りなくて。
音小さいとやだなーと思って行ったら今回はロックだしコンプかかって常に101dBくらいをキープで音圧も音質も良かったです。

スティーヴン・ウィルソンがMCで、
「前回(3月19日)のパリ公演にも来てた人どのくらい居る?」
「今回は前回となるべく違う曲演るよ」
「今日はスティーヴン・ウィルソンの三大落ち込む曲演るよ(笑)」
とか言ってて、普段歌詞の内容気にしないで聴いてたからわからなかったけど、そうかスティーヴン・ウィルソンの曲は暗いのか。

ここで昨日公開されたMVを見てみましょう。
(more…)


Comments (0) プログレ Tags: , , — Kyo ICHIDA @ 2018/11/01 19:18
6/9/2018

ルイス・コールはブサイクの守護ネ申か

以前やっぱりソロが好きって書いたんですが、7年ぶりに出たんです、新譜が。超嬉しい!

When You’re Ugly – Louis Cole

MVではいつもニコリともしないルイス・コールですが、独特のユーモアのセンスが伝わってきますね。

We all live on planet earth and this is how it works

When you’re sexy, people wanna talk to you
When you’re ugly, no one wants to talk to you
When you’re ugly, there is something you can do, called
Fuck the world and be real cool

言ってることはほぼこれだけですが、このシンプルな歌詞にグッと来る何かを感じます。
(more…)