9/6/2005

ウォック

友人森山くんとIKEA (もうすぐ再び日本に進出するそうですね) に行ったときのこと。空港へ送りがてらまだだいぶ時間があったから寄ったんだけど、森山くんも小物をお土産に、わびすけは折り畳み式のテーブルとウォックという底が平らで電気の調理機でも使えるようになっている中華鍋を「前から欲しかったのよね」と購入。
お金を払ってレジを通ると強面のがっしりしたアフリカ系ガードマンが僕らの買ったものを睨みながら呼び止めるではありませんか。
「なにか?」
「これこれ、この鍋。何に使うの?」
「へ?コレすか」
「うん、実はカミさんに買ったんだけど、何に使うのかわかんなくて」
「あーこれは揚げ物とか」
「揚げ物かぁー」
「この網で油を」
「油を落とすんだね」
「そうそう、あと中華料理に便利ですよ」
「中華料理かぁ〜」
納得のご様子。きっと使い方を聞くべくこの鍋を買う客を待っていたに違いない。それにしても顔がコワいぞ。
「何かと思ったよね〜、それにしても何で使い方わかんない鍋を奥さんに買っちゃったんだろうね??」と盛り上がりました。
 


Comments (9) Filed under: 未分類 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 10:24 PM
8/6/2005

シャンゼリゼ大通りの石畳

通行止めの理由は翌日のテレビで判明。全長約2kmのシャンゼリゼにトラックやプール等を設置して、オリンピック招致のための1日限りのイベントをしていたのでした。ニュース映像をご覧になったと思います。
テレビでは夜を徹っして準備する様子がレポートされ「おお、フランス人が徹夜してるよ!」と妙なところに感心してしまいました。
そうか、石畳だといくらトラックのシートを敷いてもデコボコが伝わって走りにくいから舗装したのかな、それにしてもよくやるなぁドラノエ市長…と納得。
ですが本当に驚いたのは数日後でした。
 
日本がワールドカップ一番乗りを決めた6月8日、試合を見た後に車でシャンゼリゼを通ったらなんと、すっかり元の石畳に戻っているではありませんか!
鋪装のアスファルトなど跡形もなく、もちろんシャンゼリゼには石畳の方が風情があっていいのですが、短期間にどうやったのか想像もつきません。実は僕が知らないだけでこんなことは珍しくなく、毎年7月14日の軍隊の行進の度にも当たり前のようにこんなことしていたりするのでしょうか???
真偽の程は不明ですが、この件で「2012年のオリンピックはパリでやるといいかも、いや、パリでやるべき」と感じたことは確かです!


Comments (8) Filed under: パリ,フランス Tags: — Kyo ICHIDA @ 9:18 PM
4/6/2005

教会のパイプオルガン

パイプオルガンを弾くアトムさん

翌日6月4日の昼、アトムさんの会社の敏腕ウェブ・プロデューサー津田かおりさんのご紹介で知り合った仲田薫子さんと再会。彼女は写真家植田正治氏のお孫さんで、マドリードで始まった回顧展のオープニングの後半日の予定でパリへ。素敵なスペイン語版図録をいただきました。回顧展は今後3年かけてヨーロッパを廻るそうです。
奇しくも薫子さんもわびすけもすいどーばた美術学院の出身で前回はどばた話で盛り上がりまくり。世界は狭いですね。
繊研新聞の松井さんも合流し、ボン・マルシェ食品館2階でブランチしていたところ、夕食をご一緒する予定だったアトムさんから電話で嬉しいお誘い、アトムさんのお友だちの紹介で教会の晩のミサの後パイプオルガンを間近で見せていただけて演奏も聴けるとのこと! 人に会うためギャラリーへ向かう薫子さん達と別れ、まだまだ明るい午後7時にレピュブリックの教会へ。

(more…)


Comments (14) Filed under: パリ Tags: , , , — Kyo ICHIDA @ 9:30 PM
3/6/2005

パット・メセニー・グループ パリ公演

6月3日、アウェーのバーレーン戦。この日はパット・メセニー・グループのパリ公演♪。チケットを予約したのはなんと去年の11月。というわけであとは頼んだZico、僕はコンサートに行ってきます!
 
陽が長く観光には最高なこの季節。このところおきゃくさまがたくさんパリへ (20人強) いらしたので車を借りて久しぶりに走り回りました。
昼間、我らが駄洒落の師匠アトムさんが初めてのパリへいらっしゃるので、すわ!と空港へお出迎え。今回もホテルネタで、
 
   リッツ高っか〜い。
   何で朝食がつくと一万円も高くなるのでしょう??
   ちょうショック!

 
という定番と成りうる (しかも応用も効きそうな!?) ギャグを伝授していただきました。基本的にアトムさんのメールにはどこかしらに駄洒落が埋め込まれており注意深く解読する必要があるのです。上の文で「ちょう」がひらがななのは「超ショック」だと鈍い弟子が気づかないかもしれない、という配慮に違いありません。
そのリッツホテルへチェックインを済ませ、幸いチケットがまだ余っていたので一緒にメセニーのコンサートへ!
 
このときシャンゼリゼを走っていて気づいたのですが、何とアスファルトで鋪装されているではありませんか!
車道は石畳だったはずなのに、なんで!? (後に驚愕の事実が明らかに…つづく)
 
コンサートは前半で新譜のTHE WAY UPを全て演奏し、後半はとても意外な選曲で楽しませてくれました。個人的には昔挑戦してあまりの難しさに挫折した『Lone Jack試聴』と『Song for Bilbao試聴』が特に嬉しい驚き。
アトムさんも初日からかなり濃いパリ・ツアーを楽しんで下さり、その後日本代表勝利の報も入って最高の夜でした。
 


Comments (2) Filed under: パリ,ジャズ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 8:11 PM
30/3/2005

日本代表戦ネット中継2

Chat

こんなかんじで、今回再びケイくんのお世話に。前回は試合に夢中になってスクリーンショットとか撮るの忘れてました。
/*業務連絡
お礼にと言っちゃなんだけどリクエストのミモレット持って帰るよ!また焼き鳥会議しよう。
業務連絡終了*/
 
勝って良かったけど、この先心配ですね。まぁ心配してもしょうがないけど。

(more…)


Comments (1) Filed under: so foot !? Tags: , , , , , — Kyo ICHIDA @ 11:58 PM