21/10/2001

かんでる…

わびすけは女子美在学中に電話受付のアルバイトをしていた。
オペレータ達がいろいろな会社にかかってくる電話の応対をするあれだ。
ある日、かかってきた電話に「はい」とか「ええ」とか相槌をうってるうちに、つい両方が混ざって「へぇ」と言ってしまった。
「へぇ、ですか」と相手の人に笑われたそうだ。
でもそんな失敗はまだ序のくち。

隣にはひときわ大人っぽい早稲田の女子大生Tさん。
1コールで電話を取り、完璧な秘書口調で、
「東○首都圏サービスでございますぎゃ」
周囲のオペレータ達が酸欠にのたうちまわったのは言うまでもない。


Comments (0) Filed under: 本当にあった笑い話 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 10:10 PM
14/9/2001

911

9/21からの東海岸短期出張がおじゃんに。Chipの結婚式に出席できなくなったことが非常に残念。
今回のテロや、その背景にある宗教・民族的な問題・政策について言いたいことは山ほどあるけどここでは控えたい。だってウンザリだし。


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 11:36 PM
12/8/2001

雑感

結局デザインって愛なんじゃないかと思う。使う人への愛がないと本当にいいデザインにはならないよね。
愛の解釈にもいろいろあるし、ときには通じないこともあったりなんかして、そんなのがデザインの面白いとこかなぁ。


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: — Kyo ICHIDA @ 11:34 PM
4/8/2001

ある方法論

先行者』についてシルさんから聞いた話。
あの傑作ゲーム (アイボやアシモがメーカーの要請で使用禁止になったのは本当に残念だけど) の3DCGとプログラミング部分をひとりでこなしているのは、弱冠18歳の彼の弟さん。Patraも以前から注目しているこの若くてクールなLightwave使いの弟さんにご馳走する機会をうかがっているけど、彼はなにしろ外出願望がない孤高のプログラマなのでまだ実現していない。それはさておき。
ふたりの会社『シルチョフ兄弟社』には全国のゲーマーから『先行者』について様々な要望が舞い込んでくる。そんなときシルさんは「あ〜またそんなワガママ言って」と思ってしまうこともあるそうだが弟さんは違っていて、
「全ての要望に応える方が簡単だから」と言って寡黙に反映させていくのだそうだ。
その興味深い方法論には感銘を受けた。日頃、より良い結果を目指してデザイナーとして戦う場合もあるけれど、時にはそういうスタンスも有効かもしれない。それでなおかつ個性や魅力が薄まらなければ凄く修行になると思う。
もっとも、デザインの仕事では全ての要望に応えるとダサくなってしまう場合も多いけど。


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: , , , — Kyo ICHIDA @ 11:30 PM
21/7/2001

まだ東京です

仕事の都合でパリ行きが遅れちゃって。本当は5月30日出発予定だったんだけど、もう7月だし。
行ってきますライブをやるのがちょっと早かったようだ。「まだ居たの?」って言われそう。
労働ビザの取得は何かと大変って聞いていたけど、思ったより早くあっけなく済んだ。フランスが今景気がいいからだろうか。
東京も好きなのにパリに活動の拠点を移すことにした理由はいくつかあるけど、やはり海外で通用するようになりたいと言ったら大袈裟か。実は、たまには環境を変えようと思っただけかも。


Comments (0) Filed under: パリ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 10:19 PM