8/5/2018

Isabelle Antena – Le poisson des mers du sud – Guitar TAB

コードと云えば、ギターを弾く人に教えてほしいことがあります。
イザベル・アンテナのLe poisson des mers du sudというボサノバを学生時代に耳コピしたのですが、先日友人からこの曲のタブ譜を頼まれたんです。
で、5年ぶりにギターを出してきて書いてみたのですが、一箇所Cメロの終わりのコードが地味過ぎてピンときません。ここは正しくは何の音でしょうか?
久しぶり過ぎて指は痛いし耳も遠いのでどうかお助けを。
(コード名は全く疎いのですが弾き語り用なのでルート音を出すようにしてます)

Isabelle Antena - Le poisson des mers du sud - Guitar TAB 1of2Isabelle Antena - Le poisson des mers du sud - Guitar TAB 2of2

この動画の2:41辺り、“vanille et jasmin” 直後のコードです。


26/4/2018

単純なコードは愛せないドラマーにお薦め!ルイス・コール – Louis Cole


Spotifyのレコメンド機能を「あなどれない!」と感じたのは、使い始めて3ヶ月めに Louis Cole の『Big Green Suitcase』がプレイリストに出てきたことがキッカケでした。

「こういうサウンドとかコード進行好きでしょ?」
と見透かされた気がして…、その通りだよ!と。
当時まだリスナーの数が三桁に届くかどうか、というマイナーなインディーズからこちらが気に入るものを的確にピックアップしてくれるなら優秀なアルゴリズムですよね。

お薦めの精度を上げていくには、Discover Weeklyのプレイリストを聴いて気に入った曲の+にチェックを付けて「ソング」に入れるだけ。(現在は「好き」や「嫌い」を意思表示するボタンもあり)
すると三ヶ月も経つ頃にはレコメンドがいい感じに偏ってきます。
毎週30曲お薦めされてソング入りするのは1〜2曲ですが、月に1曲でも凄く気に入る音楽と出会えれば御の字。
ときどき「ソング」をまとめて聴くのもまた楽しいんですよね。

さて、こうして出会ったルイス・コールですが、ドラマーでキーボード等もこなすマルチプレイヤー。右利き用のドラムセットですが左右の手が交差しないスタイルで、打順を見ると左利きっぽい。
意外に複雑な和声とわりと雑な感じのグルーヴが独特でクセになる心地良さ。たしかに専業ドラマーにしておくのは勿体ないソングライティング能力の高さだわこの人。
(more…)


3/4/2018

俺のフレンチポップ

突然ですが、Spotifyで公開しているプレイリストのうちで、唯一いつの間にかフォロワーさんがついていたのがこちらになります。
タイトルのせいですかねたぶん。

フォローされると更新しなきゃいけない気がしてきますし、フレンチポップでもっと有名な人気曲は数え切れないほどあるわけですが、かと言って誰もが納得する有名曲を網羅していくと結局はみな似たようなプレイリストになっちゃうんですよね。
そういうのはヒットチャートや懐メロのプレイリストに任せて、今後は更に通好みなものも追加していこうと思う次第です。
(more…)


15/3/2018

ネコ科

#ネコ科

Kyo ICHIDAさん(@ky0)がシェアした投稿 –


Comments (0) Filed under: 写真 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 11:00 PM
30/12/2017

今年をふり返ったらひっくり返った話

とは言うものの、2017年の評価は難しいのでございます…。
強いて言うならば、苦難の中に小さな幸せを見出す旅だったとでも申しましょうか。
そんな1年を、駆け足で!

  1. こっそりテレビに出たらバレた事件
  2. 東京入院デート
  3. ひっくり返って入院事件

こっそりテレビに出たらバレた事件

まだ寒いパリの1月、なぜかバラエティー番組の取材カメラの前にいる自分。いったいどうしてこんなことに…

前年の5月頃、テレビ局の人からタレントの野々村真くんの同級生を探している旨会社のメールフォームから連絡がありました。
そう、野々村真くんは実家が近所で幼馴染なのです。
海外に居ることもあり丁重に辞退したのですが、パリまで来てくださるとのこと、っていうか来る気満々のご様子。
小学生の頃、真くんのお母さんにはたいへんお世話になったので、少しはお役に立てるならと結局了承、断れない性格。
その後半年以上が経ち、もうその話は立ち消えたのだろうと安心してすっかり忘れた頃、撮影となったのでした。

けれども慣れないことでもあり、ああすればよかった、こう言えばよかったと後悔ばかり。。。
放送されるのが猛烈に気が重くて誰にも言えませんでした。
その後更に半年が経ち、きっとお蔵入りしたに違いない、と都合よく解釈していたら非情にもオンエアに。

番組は無難にまとめてくれていて、何よりほっとしたのは怒るかと思った母が意外に楽しんでくれたことでした。
それに音信不通だった懐かしい友人が何人か連絡をくれて嬉しかったです。
真くんも番組収録直後とオンエア直後にあったかいメールをくれて旧交を温めたのでした。
ぼくがちょっと恥ずかしいのを我慢することで皆さんに楽しんでいただけたのなら良かったです。

(more…)


Comments (4) Filed under: ブログ Tags: , , — Kyo ICHIDA @ 1:45 AM