25/9/2016

鳥飼酒造の写真集と草津川の記憶

今年の4月、熊本地震の発生直後に熊本県人吉市から小包が届きました。
いや厳密に言うとフランスの郵便事情のため届かなかったのです。こちらでは珍しくないのですが「手違いで遠くの郵便局にある」と電話があり、取りに行くと中身は丁寧に梱包された十文字美信先生撮影の非売品写真集『TORIKAI』でした。
地震発生の数日前に鳥飼酒造の方が送ってくださったものが遥々無事に届き、もの凄く嬉しかったです!

torikai_2358

ページをめくると2年前に訪れた美しい場所がそこに在りました。


地震発生の直後、ご迷惑とは知りながらも矢も盾もたまらず鳥飼社長にお見舞いのメールをしたところ、恐縮なことにすぐにお返事くださり、
「有難うございます。
どんな事が起きていようが
私は全て受け止めていく事とします。」
とありました。ご無事に安堵するとともに、鳥飼社長の覚悟を感じたのでした。


鳥飼酒造の公式サイト制作のお話を十文字先生からいただいたのは2014年に遡ります。
それまで広告を一切していなかった鳥飼酒造の鳥飼和信社長が jumonjibishin.com をご覧になり十文字先生に直接会いに来られ、おふたりが意気投合して映像作品とホームページ、そして写真集を作ることになったのでした。
それで十文字先生のサイトを制作させていただいているご縁で僕に声をかけてくださったのです。

元々蒸留酒好きでもありさっそく『吟香 鳥飼』を取り寄せてみたところ、その香りと味わいにすっかり魅了されてしまいました。
しかもたいへんな年月とエネルギーを費やして、焼酎造りの酵母の研究のみならず環境保護にも取り組んでおられるとのこと。
サイトを制作させていただくにあたり、是非この焼酎が生まれる環境を見ておかなくてはとお願いすると、映像撮影を見学させていただけることになったのでした。
(more…)


Comments (0) Filed under: ブログ Tags: , , , , — Kyo ICHIDA @ 9:00 PM
7/9/2016

三宅純さんの君が代

今夜からパラリンピックが始まりますが、今思い出してもリオ・オリンピック閉会式での『君が代』は素晴らしかったですね。

オスカー・シュレンマーを彷彿とさせるコスチュームでロボットを模したコンセプトに、三宅純さんアレンジによるブルガリアン・ヴォイスをフィーチャーした和声がこの上なく絶妙にマッチして、伝統を基調にしつつも非常にモダンな世界観に思わず涙が出そうに。

MIKIKO先生らチーム・パフュームのパートや、話題になった首相扮するマリオなど、有名でも海外では日本製だとはあまり認識されていないアニメやゲームなどのキャラクターをアピールした視点も良かったですが、やはり冒頭の『君が代』の掴みのインパクトが強烈で一気に惹き込まれました。
ある意味不遇な国歌に新たな光を当ててくれたようにも感じられ、編曲の力でこんなにも多大な影響と効果をあげた例は、他にちょっと思い出せません。

三宅純さんの Lost Memory Theatre シリーズはずっとハイレゾで愛聴していて、一昨年のパリでのコンサートもとっても良かったのですが、閉会式トーキョーパートの音楽監督を務めた椎名林檎さんもどうやら観にいらしていたらしいのです。


20140927
2014年9月27日 Le Centquatreにて三宅純さんコンサート開演直前の様子。
総勢約16名編成による素晴らしい演奏でした。

もしこの羽田での出会いが、その後のあの君が代に繋がったのだとしたら、おふたりの邂逅に感謝です。
(more…)


30/7/2016

障害者は生まれない方がよかったのか?

「遺伝するから、子どもは持つんじゃないわよ」

母にそう言われたのは、学生の頃から一度や二度ではなかった。
昔、母は生まれつき抱える原因不明の筋肉の疾患(ミオパチーの一種)が子どもに遺伝することを心配し、医師に相談したところ、
「遺伝はしません」
と言われて安心して僕を産んだところ、3才くらいでやはり遺伝が発覚。このことが「子どもは持つな」という言葉に繋がっている。
その意図するところはおそらく、

・障害を持った子ども自身が苦労して可哀想だから
・障害を持つ僕が障害を持つ子を育てるキャパシティーがないだろうから
・社会の迷惑になるから

といったところのどれかだろう。全部かもしれない。

「うん、そうだね」と応えるものの、心のなかで(自分は子どもを持つ資格のない劣った存在なんだな…)という寂しい思いはあり、せめて税金は人並みに払えるようになろうと思ったものだった。

確かに障害を抱えて生きることは不便な面もあるけれど、だからといって生まれてこなければよかったと思ったことはないし、むしろ逆だ。
「こんな身体に生んで!」と母は若い頃に祖母を責めたらしいが、僕はそんなことはなかったという点で
「あんた、いい子ね」と、どうリアクションしていいのかわからないことを言う変な母だった。

そんな素っ頓狂な母の言うことなので聞かなくてもよかったのだけど、妻は出会う前から元々子どもを持たない主義だったのでお互い意気投合。
僕たち夫婦は子どもがいないが、ささやかながら幸せな毎日を過ごしている。


しかし相模原障害者施設殺傷事件の一報を聞いたとき、説明し難い混乱と不快感に襲われた。
一瞬、障害を持つ可能性が高いので子どもを持たないという選択が、犯人の「障害者は生きている意味が無い」という考えの側に加担するもののように感じられてしまったからだ。

だがもちろんそれは違う。親なら誰でも子どもに健康であって欲しいし、無用なハンデなら背負わせたくないと思うのは当たり前のことだ。
それよりも、「障害者は生きている意味が無い」「税金の無駄だ」と考える人がいること、少なくともそういう考えを明確に否定できない人が案外多いかもしれないということが気にかかる。

障害者を生かすことは無駄なのか?
そもそも先天性障害はなぜ発生するのか?
推論とともに考察してみる。

(more…)


Comments (31) Filed under: ブログ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 8:59 AM
21/7/2016

むせずに食べろ!カップヌードルわさび味

ある日、デュッセルドルフのMasaさんのツイートがふと目に飛び込んできた。

(えっ、わさびヌードルっていうのがドイツにはあるんだ?!)

(おおっ、これが伝説の日清カップヌードルわさび味!!)

というわけで届きました!なんとこんなにたくさん!二つずつ送ってくれて優しい!

NISSIN CUP NOODLES

テンション上がって思わずグラデーションで並べました。左からShrimps エビ、Wasabi-Geschmack ワサビ、Huhn チキン、Spicy スパイシー、Tomate トマト、Champignons シャンピニオン (キノコ)。

しかもMasaさんがギタリストを務めるドイツのメタル&ハードロックバンド JADED HEARTの新譜ジャケTシャツが同梱されているではありませんかっ!!
Masaさん、ありがとう!

(ネコは同梱品ではありません)

これは暫く前に僕がメタルのフェスに着ていくTシャツが無い…とつぶやいたために送ってくださったに違いない!超嬉しいです!!
これでメタルのライブで困らない♪

JADED HEART Guilty By Design

ちなみにこのJADED HEARTの新譜 “Guilty by Design“は凄く良い感じにハードな曲満載で、日本人メンバーが在籍しているという贔屓目抜きでもお薦めの正統派ヘヴィーロックアルバムです!!

おまけにステッカーやドイツのモニタースピーカー・メーカーEVE audioのバッグまで!
Masaさんありがとうございます!!!


さて、ここまででもうスクロールし疲れたでしょうか? ですがここからが本題です。

この、フランスはもちろん日本でも未発売のわさびカップヌードル、Masaさんによると、

うまいまずい以前に、食べようと思って顔近づけた途端にむせる

どんなにむせないように頑張っても確実にむせる

むせずに食べられた人いないので是非チャレンジしてみてください。食べるところ見たい〜!

なのだそうです。

それでは、リクエストにお応えしましょうということで…

CUPNOODLES Wasabi CUPNOODLES Wasabi

ヨメに食べさせてみた。

CUPNOODLES Wasabi

果たしてむせずに食べることができるのか!?

※ちなみに動画は3分ちょうどなのでカップ麺を作るときのタイマー代わりにご笑覧ください♨
(more…)


Comments (4) Filed under: Tags: , , , , , — Kyo ICHIDA @ 11:47 PM
26/5/2016

ディック・アヌギャーン – ブリュッセル

若い頃書いた曲を歳とってから歌う。また違う味わいが出てくるよね。
1974年の彼のデビュー・アルバムに収録されている曲。1952年生まれとのことなので、このときもう還暦は過ぎてるはず。

そもそも日本ではDick Annegarnをどういうふうにカタカナ表記してるんだろう?と思ってググったら、これが全然ヒットしない。えっ、そうなの??
今の気分でただ動画貼るだけのつもりだったんだけど…。

(more…)


Comments (0) Filed under: フレンチ・ポップス Tags: — Kyo ICHIDA @ 1:26 AM