28/4/2019

断水には猫砂

試されている…。

いや〜金曜日の晩に突然の断水に見舞われました。
今までも断水とか水漏れとか、そういうトラブルって何故か週末に起こるんですよね…。

週末はフランスの会社は基本的にお休みなので、ライフラインが止まっても修理も来ないわけです。
復旧は早くて月曜日だろうなぁ、と。

断水の間、何処かに避難するという手もありますが、環境の変化に弱い猫がいるのでそうもいかず。
というわけで週末サバイバル生活の始まりです。

翌日アパートの玄関に貼られた告知によると、水道局のネットワークのトラブルでこの辺一角が断水とのこと。
近所の道路に臨時の水汲み場が設置されたのでした。
フランスにしては仕事が早いです。

飲み水は買えば済むものなので問題ないですが、やはりトイレとお風呂が困りますよね。
特に、トイレが流せない問題が切実です。

水汲み場から何往復もして水を汲んでも、うちには水を溜めておけるバスタブがありません。
トイレを流すのに少なくとも5リットル必要と考えると、これは水を汲んできて流すのは無理だなと。

トイレが自由にできないっていうのはストレス以外の何者でもないですよね。
災害が起きたときに最も困ることのひとつではないでしょうか。

悩んでいると、妻が何かで読んだ猫のトイレ砂を使う方法が良いらしいとのことで、早速試すことに。

  1. まず、トイレにゴミ袋(30リットルの袋でやってみました)を充分たるませて敷いてガムテなどで貼ります。
  2. たるませた部分に猫砂を適量敷きます。
  3. 用をたして更に猫砂を追加でかけます。
  4. 溜まったらゴミ袋ごと棄ててステップ1に戻ります。

猫砂は濡らすと固まるし、防臭成分も含んでいるので、この方法はかなり効果的でした。
猫と暮らしていて良かった!

猫砂ちなみにうちではMONOPRIXで売っているすぐ固まるけど防臭効果はイマイチな猫砂と、Lidlで売っているすぐ固まらないけど防臭効果の高い猫砂をブレンドして使っています。

結局水が出るようになったのはやはり月曜日の昼過ぎでした。

今回のような週末だけのプチ・サバイバルはいい経験になりました。
それにしても、先日ブラタモリのパリ編でも紹介していましたが、下水道が完備されていなかった時代のパリはさぞかし不潔だったことでしょうね。
そこへいくと、猫の生活って断水の影響を全くと言っていいほど受けないので、ある意味人間よりたくましい生きものなんじゃないかっていう気がしました。


Comments (0) Filed under: ブログ Tags: — Kyo ICHIDA @ 9:17 PM