3/2/2019

十文字美信先生の贈りもの

個展のためパリにいらした十文字美信先生が、オフの日曜日に拙宅に来てくださいました。
早いもので十文字先生のサイトを作らせていただいてちょうど10年。
そして十文字先生がパリに長期滞在されて一緒にあちこち旅をしたのはもうかれこれ5年半前のこと。忘れられない最も楽しい思い出で、考えてみると十文字先生とはフランスやイギリスのみならず東北や熊本にも同行させていただいたので、親とよりもたくさん旅行しています。
この日も楽しい時間はあっという間でした。

話は昨年に遡ります。十文字先生に引っ越しのご報告をするととても喜んでくださり、光栄にも引越し祝いとして作品をいただけることに!
「もし、Kyoさん、富美子さんが気に入った作品があるなら焼かせていただきます。」との有り難いお言葉に家族会議を重ねました。
夫婦の意見はわりとすんなり一致する方なのですが、超難航……なぜなら、好きな作品があり過ぎるのです。

首なし』は憧れ、『近眼旅行』も密かに好き、『FACES』も面白いし『刻々』も思い出深い、、、シミュレーションし、悩みまくって、それぞれ一点選んで突き合わせてみると、僕と違って迷いのない妻の即決に意表を突かれました。
彼女が選んだのは『藤崎』。
妻の男っぽい好みにはいつも驚かされますが、藤崎さんのことを直接は存じ上げなかった僕たちに飾る資格があるのであれば、悪いセレクトではないと思えてきました。

個人的な記憶から僕は『或るもの』を選んでいました。十文字先生に経緯をお伝えすると、どちらにするかはわたしにお任せくださいと、なんと両方贈ってくださったのでした!

しかも印画紙には以前デザインさせていただいたロゴがエンボスで押されていたのです。
Bishin Jumonji logo

こんなに名誉なことはありません。生前、十文字先生とたくさんの仕事をご一緒させていただいた父も喜んでくれていることでしょう。


Comments (0) Filed under: 写真 Tags: , , , — Kyo ICHIDA @ 7:44 PM