10/8/2007

ときとして僕らは、

自分が傷つけられることに関してはとても敏感なのにもかかわらず、他者を傷つけることに驚くほど鈍感になっているのかもしれない。
悲しいのは、散々傷つき痛みを知っているはずの人にそれが起こること。


Comments (8) Filed under: 未分類 Tags: — Kyo ICHIDA @ 1:15 AM

8 Responses to “ときとして僕らは、”

  1. moriy

    昔よりは経験も積み、以前よりはだいぶマシになったとは思うものの、不用意な言動をしてしまうこと、未だに多し…。
    もっと人にやさしく…..とは思うんだけど。

  2. kyo

    moriyくんは人にやさしいし悔やむような失言とかしなさそう (僕はけっこうあるけど ^^;)
    このエントリーは気にしないで、何しろso what?だから。ちょっと以前のように書いてみた。

  3. moriy

    ところがだね。
    つい、5日程前、実家で弟と軽い意見の衝突になって…
    まぁ、喧嘩って訳じゃなく主義主張の食い違いで熱くなったんだけど、
    後で冷静になって考えてみると….と言うか、
    その場で冷静になってたら、単なる感情的な意見の言い合いにならず、
    もっと良い方向に話は進んだだろうなぁ….とか思ってたりね (^^;

    オレもまだまだ了見が狭い…(苦笑)

  4. kyo

    家族って難しいよね。
    遠慮なく感情的になってしまうからかな。。。

  5. kyoさんは人にやさしいし悔やむような失言とかしなさそう (僕はけっこうあるけど ^^;)

    人生は勉強ですね、、、

  6. kyo

    あはは、牛さんだって地球にやさしいしでしょ?人には厳しいの?(笑)
    冗談はともかくほんと人生は勉強・・・悔やむことばかりだけど学ばなければ。。。

  7. 僕は暴れてるので、、、、やさしくないんです。
    でも子供の素直な目を見たときには、大事なことがわかる気がするんです。

  8. kyo

    ほんとにねぇ、、、みんな子供だったのにねぇ。。。