14/7/2007

Carouselambra, Led Zeppelin

 

わびすけ推薦の感動のコード進行 (変なコード一発芸ともいう…)『ケラウズランブラ』
さすがにこの曲は映像はないんですね。
問題のコードは4:23, 5:26, 6:30 (残り時間表示だと05:34, 04:31, 03:27) 辺りに出てきますが、いったいどういう押さえ方したらこういう音が出るんでしょうか!?
お得意のオープンチューニングかも…CM7/Gっぽいけどそれだけではない何かを感じます(こんどギタリストの友人に聞いてみなくては)。
それにしてもジミー・ペイジのこういうセンスはさすが、ロックの三大ギタリストと呼ばれただけのことはありますよね、脱帽。

 
ところでジミー・ペイジがある意味海賊盤にとっても厳しい (笑) のは有名ですが、ネットに関してはどうなんでしょう。
どっちみち上のは削除されちゃうでしょうね。
 
Led Zeppelin, In Through the Out Door


追記:ただしこの曲、問題のコードが出てくるまでやたら長いです。フツーな最初の4分はイントロみたいなものかも。


Comments (2) Filed under: ロック Tags: , — Kyo ICHIDA @ 2:30 AM

2 Responses to “Carouselambra, Led Zeppelin”

  1. たぶんG6とAmの組み合わせだと思います。
    また今度試してみましょう〜

  2. kyo

    わ〜暴れ牛さんありがとう!さすが現役バリバリギタリスト!
    G6なんだ!? 最初G6とAmをいっぺんに鳴らすのかと思って試したら指が足りなくなっちゃった (爆)