3/6/2005

パット・メセニー・グループ パリ公演

6月3日、アウェーのバーレーン戦。この日はパット・メセニー・グループのパリ公演♪。チケットを予約したのはなんと去年の11月。というわけであとは頼んだZico、僕はコンサートに行ってきます!
 
陽が長く観光には最高なこの季節。このところおきゃくさまがたくさんパリへ (20人強) いらしたので車を借りて久しぶりに走り回りました。
昼間、我らが駄洒落の師匠アトムさんが初めてのパリへいらっしゃるので、すわ!と空港へお出迎え。今回もホテルネタで、
 
   リッツ高っか〜い。
   何で朝食がつくと一万円も高くなるのでしょう??
   ちょうショック!

 
という定番と成りうる (しかも応用も効きそうな!?) ギャグを伝授していただきました。基本的にアトムさんのメールにはどこかしらに駄洒落が埋め込まれており注意深く解読する必要があるのです。上の文で「ちょう」がひらがななのは「超ショック」だと鈍い弟子が気づかないかもしれない、という配慮に違いありません。
そのリッツホテルへチェックインを済ませ、幸いチケットがまだ余っていたので一緒にメセニーのコンサートへ!
 
このときシャンゼリゼを走っていて気づいたのですが、何とアスファルトで鋪装されているではありませんか!
車道は石畳だったはずなのに、なんで!? (後に驚愕の事実が明らかに…つづく)
 
コンサートは前半で新譜のTHE WAY UPを全て演奏し、後半はとても意外な選曲で楽しませてくれました。個人的には昔挑戦してあまりの難しさに挫折した『Lone Jack試聴』と『Song for Bilbao試聴』が特に嬉しい驚き。
アトムさんも初日からかなり濃いパリ・ツアーを楽しんで下さり、その後日本代表勝利の報も入って最高の夜でした。
 


Comments (2) Filed under: パリ,ジャズ Tags: , — Kyo ICHIDA @ 8:11 PM

2 Responses to “パット・メセニー・グループ パリ公演”

  1. わびぃ

    メセニーのコンサート、あまりに感激して涙が出たよ。
    アンコールでステージにしがみついてライルのピアノまであと3メートルまで近づけたし。
    またひとつ夢が叶ったよ。
    コンサートの後に久しぶりに夜のサクレクールへアトムさんとドライブしたら、何か撮影していて寺院の前まで行けなかったけど、ヤジウマで覗いてくれば良かった。
    何の撮影だったんだろう?
    ウマが「うひひん」て鳴いてたね。

  2. kyo

    そうだった!なぜ夜のモンマルトルに馬が??どういう映画だろうね。
    Palais des Congrèsの駐車場で車を停めた場所がわからなくなる、という初歩的なミスも忘れがたし(笑)