4/5/1998

狩り

98

貧乏留学生の頃、チップと僕の口癖は「いつか四つ葉のクローバー・ハントに行こう」だった。それは合言葉のようなもので、きっとチップは故郷チャペル・ヒルの風景を想い浮かべていたと思う。僕はこのアイディアをとても気に入っていて、それがいつの日か再会することを誓う別れの言葉になった後も、いつか実行しようと決めていた。
何年も後で、眼のいい天使がだいぶ時間をかけて二人分の四つ葉のクローバーを見つけてくれた。


Comments (0) Filed under: 未分類 Tags: , — Kyo ICHIDA @ 3:15 AM